ドラマ 偽装不倫 書籍 / マンガ

偽装不倫【漫画】5巻ネタバレあらすじと感想!ジョバンヒの病気の真相は?

投稿日:2019年6月16日 更新日:

偽装不倫 原作マンガ5巻ネタバレ感想

7月10日(水)から実写ドラマが放送される、東村アキコさんの人気マンガ『偽装不倫』

現在はLINEマンガで連載中で、オールカラーの縦読み形式、毎週土曜日に1話ずつ配信されています。

コミックは4巻まで発売中で、こちらもオールカラーの大判サイズとなっています!

 

前回まで1巻~4巻のあらすじ(ネタバレ)と感想をご紹介しました。

 

ドキ子
結婚記念日のディナーを抜け出して、不倫相手の元へ行っちゃった姉…。
鐘子とジョバンヒは、東北で奇跡の再会♡

 

今回は発売日未定の『偽装不倫』原作コミック5巻に収録される、39話~47話(何話まで収録されるかは不明)のあらすじ(ネタバレ)と感想をお送りします!

(※LINEマンガとコミック本の話数がズレているので、LINEマンガに合わせて書いて行きます)

 

スポンサーリンク

偽装不倫【漫画】5巻(39~47話)の登場人物

サクッとおさえておきたい、主な登場人物たちの紹介です♪

【濱 鐘子】
3年間の婚活に疲れた30歳の独身女性。
両親+姉夫婦と実家の2世帯住宅に住んでいるパラサイトシングル
韓国行きの飛行機で出会ったジョバンヒに「既婚者」だと嘘をつき、ニセの不倫をしてしまう。

【ジョバンヒ】
カメラマンの仕事をしてる25歳の長身イケメン韓国人。
日本へ留学経験もあり、日本語もわりと上手に話せる、ちょっとミステリアスな男性。
初めて会った鐘子に好意を抱き、不倫をしようと持ち掛ける。

【吉沢 葉子】
鐘子の4歳年上の姉で、妹の結婚を本気で心配している。
3年前にエリートでイケメンの夫 賢治と結婚し、実家の2世帯住宅で悠々自適なセレブ生活をしている。
実は「未婚」だと偽り、年下の男子と不倫している。

【吉沢 賢治】
葉子の夫で年収1千万の商社マン。
イケメンで義妹の鐘子にも優しいパーフェクトな旦那様?

【八神風太】
23歳でピンク髪の天真爛漫なイケメン男子で総合格闘技の選手。
葉子が「既婚者」だと知らずに付き合っている。

【こぶたん】
鐘子の頭にできたたんこぶ
鐘子の心の葛藤を代弁するかのように、関西弁でするどいツッコミを入れまくる謎のキャラクター。

 

偽装不倫【漫画】5巻(39~47話)のあらすじ(ネタバレ)

現時点で5巻の発売日は未定ですので、LINEマンガで連載中の39話~47話のネタバレをお送りします。

 

【39話】意識不明のジョバンヒ

ひざ枕で眠るジョバンヒと、しあわせに浸る鐘子。

しかしジョバンヒが眠ったまま起きないので、ついに足がしびれてしまい、少しだけ位置を変えようとしたところ、ジョバンヒが足からズルっと落ちてしまいました!

えっ?

ジョバンヒ!!!!

階段に落ちても、名前を呼んでも、まったく起きないジョバンヒに困惑する鐘子…。

 

その頃、韓国の病院では、ジョバンヒの担当医(ユン先生)が、ジョバンヒの姉を病院に呼び出していました。

2人は同級生で、久々の再会をよろこぶ姉。

ユン先生はジョバンヒに頼みごとがあると嘘をついて、姉からジョバンヒに電話するようにお願いしました。

しかし、姉が何度電話してもジョバンヒは出ません…。

 

病院の緊急外来にいる鐘子は、ジョバンヒの電話が鳴っていることに気付きました。

着信の相手はジョバンヒの姉でした。

何度も鳴っているので、鐘子は電話に出てみることにしました。

「もしもし、お姉さん…?」

 

【40話】言語の壁…飛行機に乗せるな!?

「MOSHI MOSHI」?

ジョバンヒの姉は日本語が分からず、かわりにユン先生が英語で状況を説明すると、なんとなく理解し、カタコトの英語で対応する鐘子。

ユン先生からは「彼を飛行機に乗せるな!」という忠告がありました。

 

日本の医者から彼の持病について聞かれた鐘子は、ジョバンヒのカバンに入っていた薬を手渡しました。

主治医と話したいと言うので、韓国と通話中だったケイタイを渡すと、英語で話しつつ別室へと移動してしまいました…。

 

鐘子は「飛行機に乗せるな」という言葉の真意が理解できず困惑していました…。

 

【41話】病気の真相は?

ジョバンヒの病気について何も知らなかった姉は、ユン先生に弟の病気のことをたずねました。

するとユン先生は2人の両親はどこに住んでるのかと聞き返しました。

2人の両親はスペインで韓国料理店をやっているらしい。

両親にも連絡しないといけないような命にかかわる病気なのか!?とても心配する姉…。

ユン先生は一刻も早くジョバンヒを船でソウルに戻してほしいと訴えました。

 

ジョバンヒが運ばれた花巻の緊急外来では、医師がソウルの主治医(ユン先生)の指示で投薬し、じきに目が覚めると言いました。

鐘子がジョバンヒの病状について聞いても、本人から聞くようにと、医師は教えてくれませんでした。

 

眠っているジョバンヒは「銀河鉄道」に乗っている夢を見ていました。

 

【42話】見え透いた嘘…

目が覚めても寝ぼけているのか、韓国語で鐘子に話しかけるジョバンヒ。

鐘子はジョバンヒが急に倒れて、救急車でこの病院に運ばれた経緯を話しました。

ジョバンヒの病気を心配する鐘子…。

しかし彼は ”病気ではない” と否定しました。

彼いわく、子供の頃から体が弱くて、疲れるとすぐ貧血で倒れてしまう体質らしい…。

薬は貧血と低血圧の薬だと言いました。

 

一方、韓国にいるジョバンヒの姉は、子供の頃から元気で健康だったジョバンヒが、病気だということが信じられませんでした…。

本来なら医者にも守秘義務があるが、今回は緊急事態ということで、ユンは姉にジョバンヒの病状を伝えました。

「ジョバンヒ君は脳の病気です」

脳に小さい腫瘍ができている「脳腫瘍」だと聞き、ショックを受ける姉…。

 

鐘子はジョバンヒの嘘を見抜いていました。

彼が寝ているあいだに、薬についてネットで調べていたのです。

 

【43話】姉夫婦、三連休の旅行計画

例の ”偽装食中毒事件” の翌日からずっと自宅へ戻っていない鐘子。

姉の葉子が心配してLINEを送ると「今、東京にいない」と返事がきました。

 

鐘子が食中毒の翌日から旅行に行ってしまったことを、姉の夫の賢治も心配していました。

「たいしたことなくて、点滴したらケロッと治って歩いて帰った」という葉子。

しかし、たいしたことないのに葉子が一晩中つき添ってあげていたことを、賢治は不審に感じていました…。

今度の三連休に旅行に行こうと提案する賢治。

内心戸惑いながらも了承した葉子は、自分で温泉旅館を決めると言い、賢治を置いて先に出勤してしまいました。

 

また鐘子のもとへ葉子からLINEが届きました。

「今度の三連休までに帰ってきて」

 

退院したばかりなのに、行きたいところがあるというジョバンヒ。

レンタカーを借りて、鐘子が運転して向かうことになりました。

鐘子の免許証を見たジョバンヒは、本当に「しょうこ」っだったことにおどろきました。

 

「嘘かと思った、指輪のイニシャルと違うから…」

 

【44話】嘘つきはお互いさま

ジョバンヒは指輪のイニシャルがSじゃなかったので「しょうこ」という名前が嘘だと思っていました。

指輪の裏までじっくり見ていなかった鐘子はパニックでフリーズ状態…。

イニシャルだったらか!?

「KY=空気読めない夫婦」的な…w

KとYには何か意味があるのか詮索してくるジョバンヒに、鐘子はしどろもどろになりながらも「2人の好きな言葉の頭文字」だと苦し紛れの嘘で答えるのでした…。

 

車に乗り目的地へ向かう2人。

鐘子もさすがにあの嘘は失敗したと感じていました。

食欲もあって元気な様子のジョバンヒに、昨日倒れた人がこんなに動いて大丈夫なのかと心配していると、彼は「一時的な発作だから、おさまったら元気」だといいました。

 

ー嘘だー

鐘子はネットで薬を調べたときに、すべて脳の薬だと分かっていました。

すぐにでも韓国の病院に行った方がいいのだろうけど、飛行機に乗れなきゃ帰れない…。

彼に本当のことを聞くべきか迷う鐘子。

でも、それを聞いたら、自分の嘘も追及されそうで怖かった…。

本当のことを聞かれたくないから、聞きたくない、考えたくない。

今はこのドライブを楽しみたい…。

 

【45話】ずっとずっと遠いいつか…

「宮沢賢治記念館」に到着し、カフェで朝食を食べる2人。

鐘子は子供の頃に家族で来たことがあって、ホットケーキを姉と半分こして食べた思い出を話しました。

「えっ、お姉さんいるの?なんて名前?」

姉の名前を知りたがるジョバンヒ。焦りまくる鐘子。

”葉子”だと答えれば、イニシャルがYでバレてしまう!

とっさに出てきた「愛子」という名前にすると、さらに姉も結婚しているのかと聞かれました。

設定に迷った鐘子は「独身」だと答えると、ジョバンヒは自分の姉も独身で同じだと言いました。

ジョバンヒが寝ている間に姉から電話があったことを伝え、かけ直すように言いましたが、ジョバンヒは「あとでかける」とそっけない対応。

 

飛行機に乗らずにソウルに戻る方法は…。

船なら九州?福岡あたり?すぐには帰れない。

 

館内を見てまわる2人。

ジョバンヒは銀河鉄道がどんな話なのか鐘子に聞きました。

鐘子もうろ覚えでしたが、ジョバンニとカンパネルラが友達で、銀河鉄道に乗って旅をするけど、カンパネルラがいなくなってしまう…と話しました。

カンパネルラがどうなってしまったのか、結末ははっきり書かれていないから解釈次第…

 

いつか一緒に乗ろうね

ずっとずっと遠い いつか…

 

【46話】星空と煙の指輪

本当のことを話すと決めて東京を発ったのに、鐘子は自分の意志の弱さを嘆きながらも、彼も嘘をついているからお互いさまだと感じはじめていました。

急に倒れて眠る、でも起きたら元気で、飛行機に乗っちゃダメな病気って何なんだ?

とにかく、この旅が終わったら、船でソウルに帰らせよう。

 

2人が記念館でお土産を探していると、キレイな指輪を見つけました。

星空と銀河鉄道の煙が閉じこめられた指輪。

ジョバンヒはこの指輪を買いました。

 

車に乗り次の目的地を探していると、目の前に銀河鉄道の列車が通りました。

写真を撮りたいから、列車を追いかけて先回りしようというジョバンヒ。

めがね橋に到着すると、鐘子は慌ててカメラを探しました。

 

しかし、ジョバンヒはポケットから指輪と取り出すと…

「鐘子さん、手出して」

 

…鐘子はどっちの手かたずねました。

 

「左手」

 

【47話】言いたいけど、言いたくない…

左手を差し出すと、薬指に指輪をはめ、鐘子を抱きしめるジョバンヒ。

東京から離れたこの街なら、抱きしめることも、指輪をはめることもできる。

「今だけは僕のものになって」

 

誰のものでもない、ずっと一人なんだよ…。

モテないし、婚活もあきらめて、仕事もフリーター。

何者でもないから、何者かになりたくて、結婚してるフリをしてる。

本当のことを言っても彼がいなくならない保証があるなら言いたい…。

でもいなくなってしまうなら言いたくない…。

 

まさに究極の選択。

「賭けやなぁ」

(指輪の中からこぶたん登場!)

彼が自分を愛してる絶対的な確信があれば本当のことを話すと言う鐘子。

こぶたん得意の毒舌が炸裂!

「絶対的な確信ってなんやねん!嘘ついてる女がえらそうに!」

 

スポンサーリンク

偽装不倫【漫画】5巻(39~47話)の感想

ジョバンヒの病気がいよいよ深刻な感じになってきました。

彼自身も自分の命がそう長くはないことを知ってるようですね…。

それなのに、ジョバンヒの病気の心配よりも「このドライブを楽しみたい」「この旅が終わったら帰らせよう」ってどういう神経してるんだ鐘子は!?

脳の病気だって知ってるクセに、何をのん気なことを言ってるんだ!!!

「嘘をついてるのはお互いさま」って、あっちは命がかかってるんだぞ!

おまえの頭はお花畑か!!!!ヽ(#`Д´)ノ まったく(イライラ)

 

本当のことを ”言う or 言わない” の葛藤も、いつまで引っ張るのか…。

鐘子の煮え切らない態度と、なかなか進まない展開に、読者のイライラがピークになる頃だと思います。

「何者でもないから、何者かになりたい」という感情は分かるような気もするけど、鐘子は基本的な考え方や行動が自己チューすぎる!

もちろんその点では姉(葉子)の方が強者だけど…w

姉妹そろって突飛すぎるんだよなー。

 

姉夫婦の三連休の温泉旅行も、すでに波乱の予感しかありませんw

葉子も懲りずにまた鐘子を利用しようとしてるし、賢治もそろそろ反撃に出るか!?

 

ドキ子
温泉旅行で修羅場が起きるかも (*ノωノ) ワクワク

 

『偽装不倫』は、LINEマンガで連載中です!

プロローグと1話~4話までが無料で配信中で、5話以降は23時間毎に1話ずつ無料で読めるようになっています。

23時間も待てないよ!

という場合は、コインを課金するか、友達に紹介することで読み進めることができます。

現時点で60話以上配信されているので、1日1話ずつ読んでると2ヵ月近くかかる計算ですねw

一気に読みたい方には、コミック版も大判のフルカラーで販売中です(*^^*)

5巻の発売日は未定ですが、8月末~9月くらいだと思います。

ということで、次回のネタバレもお楽しみに~♪

 

マンガ『偽装不倫』6巻(48~56話)のネタバレと感想はこちら⇓

偽装不倫マンガ6巻ネタバレあらすじ感想
偽装不倫【漫画】6巻ネタバレあらすじと感想!賢治の隠された本性とは…

7月10日(水)から実写ドラマが放送される、東村アキコさんの人気マンガ『偽装不倫』 現在はLINEマンガで連載中で、オールカラーの縦読み形式、毎週土曜日に1話ずつ配信されています。 コミックは4巻まで ...

続きを見る

スポンサーリンク

-ドラマ, 偽装不倫, 書籍 / マンガ

Copyright© ひみつのポッケは無限大∞ , 2019 All Rights Reserved.