ドラマ 偽装不倫 書籍 / マンガ

偽装不倫【漫画】6巻ネタバレあらすじと感想!賢治の隠された本性とは…

投稿日:2019年6月19日 更新日:

偽装不倫マンガ6巻ネタバレあらすじ感想

7月10日(水)から実写ドラマが放送される、東村アキコさんの人気マンガ『偽装不倫』

現在はLINEマンガで連載中で、オールカラーの縦読み形式、毎週土曜日に1話ずつ配信されています。

コミックは4巻まで発売中で、こちらもオールカラーの大判サイズとなっています!

 

前回まで1巻~5巻のあらすじ(ネタバレ)と感想をご紹介しました。

 

ドキ子
ついにジョバンヒの病気の真相が明らかに!
姉夫婦の温泉旅行はどうなるのかしら~

 

今回は発売日未定の『偽装不倫』原作コミック6巻に収録される、48話~56話(何話まで収録されるかは不明)のあらすじ(ネタバレ)と感想をお送りします!

(※LINEマンガとコミック本の話数がズレているので、LINEマンガに合わせて書いて行きます)

 

スポンサーリンク

偽装不倫【漫画】6巻(48~56話)の登場人物

サクッとおさえておきたい、主な登場人物たちの紹介です♪

【濱 鐘子】
3年間の婚活に疲れた30歳の独身女性。
両親+姉夫婦と実家の2世帯住宅に住んでいるパラサイトシングル
韓国行きの飛行機で出会ったジョバンヒに「既婚者」だと嘘をつき、ニセの不倫をしてしまう。

【ジョバンヒ】
カメラマンの仕事をしてる25歳の長身イケメン韓国人。
日本へ留学経験もあり、日本語もわりと上手に話せる、ちょっとミステリアスな男性。
初めて会った鐘子に好意を抱き、不倫をしようと持ち掛ける。

【吉沢 葉子】
鐘子の4歳年上の姉で、妹の結婚を本気で心配している。
3年前にエリートでイケメンの夫 賢治と結婚し、実家の二世帯住宅で悠々自適なセレブ生活をしている。
実は「未婚」だと偽り、年下の男子と不倫している。

【吉沢 賢治】
葉子の夫で年収1千万の商社マン。
イケメンで義妹の鐘子にも優しいパーフェクトな旦那様??

【八神風太】
23歳でピンク髪の天真爛漫なイケメン男子で総合格闘技の選手。
葉子が「既婚者」だと知らずに付き合っている。

【こぶたん】
鐘子の頭にできたたんこぶ
鐘子の心の葛藤を代弁するかのように、関西弁でするどいツッコミを入れまくる謎のキャラクター。

 

偽装不倫【漫画】6巻(48~56話)のあらすじ(ネタバレ)

現時点で6巻の発売日は未定ですので、LINEマンガで連載中の48話~56話のネタバレをお送りします。

 

【48話】旅行よりも大事な試合

旅行当日、葉子は風太の試合会場へ向かいました。

控室へ行くと大よろこびで出迎える風太。

しかし、葉子は夕方の新幹線で出張に行くことになってしまい、風太の試合が終わったら、2時には出なければなりません(←もちろん嘘)

試合に勝ったら焼肉に連れて行ってもらえる約束をしてたのに、来週までおあずけになってしまいがっかりする風太。

でも、今日は勝てばランキングが上がる大事な試合!

風太は「葉子さんのためにも絶対勝つ!」と意気込んで、試合に挑みました。

 

その頃 自宅では、朝目覚めた賢治が、葉子がいないことに気がつきました。

テーブルには「急に会社に呼び出されて、午前中だけ仕事をしてくるから、東京駅で集合」という置き手紙が…。

深いため息をつく賢治…。

 

一方、試合会場で風太に熱のこもった声援を送る葉子。

しかし風太は相手の強烈なパンチをくらってしまうのでした…。

 

【49話】またも夫を裏切り…

リングに倒れ込む風太…。

ワン ツー スリー

風太は力をふり絞って立ち上がりました!

激闘のすえ、風太のキックが相手の頭部にヒットし、見事風太の勝利!!!

 

試合終了後、控室では葉子が風太の傷の手当てをするも、なかなか血が止まりません。

痛めていた首のケガも心配なので、一緒に病院に行ってあげてほしいとコーチから頼まれましたが、時間はすでに2時になるところでした。

風太は葉子に気を使い、一人で病院へ行くと言いましたが、ケガがひどくてとても一人では行けそうもありません…。

 

東京駅で葉子を待つ賢治…。

なかなか現れない葉子にLINEを送ると「仕事が終わらないから、先に熱海に行って」という返事が…。

 

結局、風太を放っておけず、タクシーで病院まで付き添う葉子。

風太は今日の試合に勝ったので、葉子に指輪をプレゼントしたいと言いました。

高いやつは買えないけど…。

 

【50話】クズ姉は正真正銘のクズ

葉子の指示通り、先に新幹線に乗った賢治。

しかし、発車直前に新幹線を降りて、義妹の鐘子にLINEを送りました。

「葉子に ”お姉ちゃん今どこにいるの?”って聞いてもらえないかな?さりげなく…」

 

LINEを読んだ鐘子は、また葉子が約束をすっぽかしたことを悟りました。

ー 夫婦ってなんだろう ー

好き同士で結婚したのに、なぜ不倫なんてするのか、鐘子は理解できませんでした。

私だったら絶対にやらない。

指輪を眺めながら、ジョバンヒとの楽しく幸せな結婚生活を妄想する鐘子…。

そして、クズすぎる姉を軽蔑し、今ならジョバンヒに本当のことが言えそうな気がしてきました。

 

賢治からの依頼があった通り、姉に居場所を聞こうとLINEを送る鐘子。

自分は岩手の花巻で旅行中だと伝えました。

「あんた今から私のかわりに熱海行ってよ」と姉から衝撃の返信。

姉は本物のクズだ!

 

ジョバンヒがお昼寝から目覚めたら、本当のことを言おう。

 

【51話】嘘がバレるとき…

安物の指輪を買ってもらった葉子は、本物のダイヤよりも大きくてキレイだとよろこびました。

若い女の子と違って、値段やブランドを気にしない葉子に、風太はますます魅力を感じていました。

葉子も若い頃は、一般的な「女の幸せ」を追い求めていたけど、この年になって風太に出会い、そういうものには興味がないと気付いたらしい。

 

その頃、賢治はタクシーで葉子の会社へ向かいましたが、会社の入口は閉まっていました…。

賢治は守衛さんに事情を話し、休日出勤中の妻を内線で呼んで欲しいとお願いしました。

しかし、守衛さんいわく、土日祝日は誰もビルに入れないらしい…。

以前から休日出勤が禁止になり、オフィスのエアコンも止まっていると言うのだ…。

 

風太に指輪のお礼を言い、出張(本当は旅行)に急ぐ葉子。

賢治からの電話を無視しつづけ「今、電車で向かってるから、電話に出れない」とLINEを送りました。

タクシーで迎えに行くから位置情報を送って欲しいと言う賢治。

「会社から東京駅に向かってるところ」と葉子が返事を送ると………

 

「会社に迎えに来たけど誰もいない (*^▽^*) 怒らないから本当のことを教えて (*^▽^*) 誰といるの?」

 

葉子は「本当は鐘子といるの、色々あって…」と答え、また鐘子を利用しようとしていました。

ー 嘘だ - 

賢治は葉子の嘘に気付いていました。

そして賢治は、鐘子も一緒に熱海に連れてくることを提案しました。

 

【52話】旅は突然の終わり

ジョバンヒと野原でお昼寝していた鐘子は、姉からの着信に気付き、舌打ちしながらも電話に出ました。

今すぐ東京に来て欲しいという葉子。

鐘子は東北に旅行中だから無理だと答えましたが、今から新幹線に乗って熱海に来るようにと、姉は一歩も引きません。

葉子は鐘子が花巻にいると知り、自分も花巻のおばあちゃんちに一緒に行ったことにする作戦を思いつきました。

夜9時くらいまでに旅館につけば大丈夫だと言う葉子。

身勝手すぎる姉に、鐘子は激怒しました。

 

眠っていたジョバンヒは、鐘子の怒声で目を覚ましました。

すると、ジョバンヒも韓国の姉から電話がかかってきましたが、またも彼は電話に出ませんでした。

LINEには、飛行機に乗らずに船でソウルに戻るようにと、姉からメッセージが届いていました。

そして「病気のことも聞いた」と…。

 

ジョバンヒはソウルに帰ることになりました。

また本当のことを言えないままサヨナラ。

あのSLにも一緒に乗れてないのに…。

幸せな時間はあっという間に終わってしまった…。

 

【53話】ここでお別れ…

東京へ戻ってきた2人。

鐘子がジョバンヒに、ソウルにはどうやって帰るのか聞くと、ジョバンヒは飛行機を禁止されているにも関わらず、今日の最終便の飛行機で帰ると答えました。

鐘子は心配しましたが「いつも普通に乗ってるから、薬を飲めば大丈夫」と言い張るジョバンヒ。

船より飛行機の方が病院にも早く行けるし、その方が鐘子も安心だろうと…。

鐘子はソウルまでついて行きたいと思っていましたが、それを言ったらジョバンヒに引かれてしまいそうで言い出せませんでした。

 

家に帰るのか聞かれた鐘子は、姉と熱海の温泉に行くと答えました。

「じゃ、淋しくないね」

「うん!」

(本当は淋しい…)

3回目の不倫旅行はこれでおしまい。

 

まだ本当のことを話していなかった鐘子は、ついに言おうと勇気をふり絞って話し出しました。

「ずっと言い出せなかったんだけど…」

するとジョバンヒはLINEの交換のことだと勘違いし、ソウルに帰ってからも連絡を取りたいから、LINEの交換をしようと言い出しました。

結局、鐘子は本当のことを言い出せず、LINEの交換だけして、ジョバンヒと別れました。

 

あとでLINEで言えばいいや…これでいつでも彼と話せる!

やっと彼とつながれてうれしい!

 

熱海までは新幹線で45分…。

鐘子はここで姉に恩を売っておくのも悪くないと思い、熱海の温泉でゆっくり彼とLINEで話そうと考えていました。

新幹線のホームに向かうと、そこには葉子が待ち構えていました。

もう夜だというのに、執念で新幹線を37本も見送ったらしい…。

もし鐘子が来なかったら、葉子も熱海には行かなかったと言っている。

姉夫婦は一体どうなっているのか!?

まさか離婚なんて?ピンク頭の子はただの遊びじゃないのか?

鐘子の疑問に「今日を無事に乗り切ってから答える」と葉子は意味深に答えました。

 

その頃、賢治は熱海の旅館でひとり夕食を終えて、2人が旅館に来る様子を窓から眺めていました。

「うちの嘘つき姉妹がやっと来た」

 

飛行機に乗ったジョバンヒは、鐘子にLINEのスタンプを送りました。

「BYE BYE」

 

【54話】不運のフライト

ソウルへ向かう機内で、ジョバンヒのとなりには小さな男の子が座りました。

うしろの席には男の子の母親と妹が座っていて、申し訳なさそうにしている母親に、ジョバンヒは「大丈夫ですよ」と優しく答えました。

男の子の父親は仕事で韓国に住んでいて、飛行機には乗り慣れてるらしい。

しかし気流が乱れて飛行機が激しく揺れると、男の子は怖がって、ジョバンヒの腕にしがみつきました。

 

ジョバンヒは薬の準備をしていましたが、気流の乱れにより機内サービスを控えるとアナウンスがあり、結局そのまま薬を飲まずに眠ってしまいました…。

薬が床に落ちてしまい、男の子がジョバンヒに呼びかけても起きません…。

「お兄ちゃん 寝ちゃったー」

 

【55話】賢治の反撃がはじまる…

旅館に着いた鐘子と葉子は、新幹線で食事を済ませていたので、とりあえず3人でビールで乾杯することに。

気まずに雰囲気の中、賢治は怒る様子もなく、今日1日いったい何があったのかを、葉子にたずねました。

(姉の言い訳↓)

鐘子がメンタル的にヤバくて、旅行先から電話してきて…いろいろギリギリで…。

 

いつも楽しそうに一人旅して、韓国も行ってた鐘子が…なぜ急にそんな状態になってるのか!?

まったく信じられない様子の賢治。

「鐘子ちゃん、不倫でもしてるの?」

いつも実家でのんびり気楽に暮らしてた鐘子が、急にメンタルをやられるなんて、恋愛がらみしか考えられない!

普通の彼氏なら隠す必要もないから、きっと不倫にちがいない!

それが賢治の見解でした…。

 

「葉子的には、不倫してる人ってどう思う?」

葉子にも意見を求める賢治。

「最低でしょ」

姉のまさかの答えに鐘子は思わず絶句しました。

ビールがなくなったから、露天風呂が終わっちゃう前に入ってこよう!と、鐘子を連れて温泉に急ぐ葉子。

そんな2人を笑顔で見送る賢治。

ビールはたっぷり残っていた…。

 

姉妹で温泉につかる2人。

クズの姉は鐘子にバッグを買ってあげることで、今回の件をチャラにしようとしていました。

欲しいバッグがあったらネットでリンクを送ってくれと。

鐘子はこれ以上、姉夫婦のいざこざに巻き込まれるのも、優しい義兄に嘘をつき続けるのもごめんでした。

しかし「嘘をつき通すのも優しさ」だという葉子。

 

風太との関係は、まさか本気じゃないかと確認する鐘子に、葉子は思いもよらぬセリフを平然と言い放ちました。

「私 悪くないよ」

姉の態度にカチンとくる鐘子。

 

「愛してないのよ」

風太を愛してないなら不倫なんてやめるべきだ。

それとも賢治を愛してないってこと!?

いや、どちらも違っていた…。

 

「賢治が私のこと愛してないのよ」

 

【56話】賢治の本性と衝撃の結婚理由

賢治が葉子を愛してないとは、一体どういうことなのか!?

 

結婚相談所の紹介で知り合った2人は、たくさんのデータの中から、お互いの条件があったから結婚しただけで、賢治は子供を産んでくれる相手がほしかったのです。

「僕にそっくりの子供がほしいから結婚した」

賢治は結婚した当初から、1日も早く子供を作るために、かなり焦って計画を立てていました。

二世帯住宅を建てて、マスオさんになったのも、すべては子供のため。

葉子と自分の年齢的にも待ったなしだと。

 

賢治は息子と一緒にハワイでサーフィンをすることを夢見ていました。

しかし、息子が生まれるとは限りません。女の子が生まれる可能性だってあります。

「大丈夫!女の子だったら、もう1人産んでもらうから (*^▽^*)」

 

子作りにだけに意欲的な賢治は、カレンダーに排卵日の印をつけるよう、葉子に強要していました。

そして、葉子は次第に子作りだけの夫婦関係がイヤになっていきました…。

葉子はもっと旅行に行ったり、2人の時間を増やそうと賢治に提案すると、賢治は理解を示しながらも一方的に「半年間だけ」という期限を設けてきました。

 

話しが通じてるようで、通じてない
ゆずってるようで、絶対にゆずらない

 

賢治はそういう人間でした。

賢治にとって葉子はライフプランの一部でしかなく、記念日のディナーも旅行もすべては彼のプラン。

しかし、自分にとって条件のいい男を選んで、ライフプランのために結婚した葉子もお互いさま。

 

結婚は甘くなかった…。

でも浮気は甘くてやめられない!

もう二世帯住宅も立ててしまったし、葉子は嘘の結婚生活と、本気の不倫を続けるしかないと決めていました。

 

ジョバンヒが乗った飛行機はソウルに到着。

となりに座っていた男の子は、ジョバンヒにお礼を言って飛行機を降りました。

しかし、ジョバンヒは眠ったまま、目を覚ましませんでした…。

 

スポンサーリンク

偽装不倫【漫画】6巻(48~56話)の感想

今まで全読者を味方につけてきた ”パーフェクトヒューマン賢治” が、一転して全女性ファンを敵に回した衝撃の結婚理由がエグイ…Σ( ̄ロ ̄lll)

子供が欲しいのは分かる!

けど、自分にそっくりの男の子が欲しい!女の子だったらまた産んでもらう!って…

妊娠も出産も育児も、死ぬほど大変な思いをするのは女性なんだぞ!?

「女は産む機械」とか問題発言した政治家と変わんないしヽ(#`Д´)ノ

女の子が産まれちゃったら「あぁ…残念」とかいって、育児放棄する姿が目に見えてる。

 

確かに葉子は気の毒だと思う…。

だからといって不倫しても「私 悪くないよ」って正々堂々と言えちゃう葉子の神経もイカれてる…。

顔色一つ変えずに平気で嘘をついて、目的(風太との不倫)のためなら手段を選ばない。

現金やバッグをエサに妹を利用しようとするあたりも、救いようのないクズであることは間違いない!

 

なんで鐘子も分かっていながら、まんまと姉に利用されちゃうかなー。

熱海なんて行かないで、病人のジョバンヒをソウルまで送ってあげればいいのに…。

いつも自分の意志で動けないで、まわりに流されて後悔してばっかり。(それが鐘子のキャラ設定なんだけど…)

結局また本当のことは言えずにジョバンヒは帰っちゃったし。

ほんとに毎回、姉妹そろってイライラさせてくれるわーww

 

ドキ子
とりあえずジョバンヒ起きてー!
生きててー!!!!

 

『偽装不倫』は、LINEマンガで連載中です!

プロローグと1話~4話までが無料で配信中で、5話以降は23時間毎に1話ずつ無料で読めるようになっています。

23時間も待てないよ!

という場合は、コインを課金するか、友達に紹介することで読み進めることができます。

現時点で60話以上配信されているので、1日1話ずつ読んでると2ヵ月近くかかる計算ですねw

一気に読みたい方には、コミック版も大判のフルカラーで販売中です(*^^*)

6巻の発売日は未定ですが、秋頃だと思います。

ということで、次回のネタバレもお楽しみに~♪

 

マンガ『偽装不倫』7巻(57~64話)のネタバレと感想はこちら⇓

偽装不倫マンガ7巻あらすじネタバレ感想
偽装不倫【漫画】7巻ネタバレあらすじと感想!ピュアな風太に胸キュン

7月10日(水)から実写ドラマが放送される、東村アキコさんの人気マンガ『偽装不倫』 現在はLINEマンガで連載中で、オールカラーの縦読み形式、毎週土曜日に1話ずつ配信されています。 コミックは4巻が6 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-ドラマ, 偽装不倫, 書籍 / マンガ

Copyright© ひみつのポッケは無限大∞ , 2019 All Rights Reserved.