TWO WEEKS ドラマ

TWO WEEKS【韓国ドラマ】原作から最終回ネタバレ!わかりやすく徹底解説

投稿日:2019年6月29日 更新日:

2013年に放送された、イ・ジュンギさん主演の韓国ドラマ『TWO WEEKS』

めっちゃハラハラドキドキしながら、全16話完走しました!!!

 

ドキ子
なんだコレ!最高傑作かよ!

 

難解なストーリー展開、複雑な人間模様、感動の親子愛…etc

見応え十分この作品が、日本でもリメイクされるということで、ワクワクが止まりません♡

7月16日(火)スタート日本版『TWO WEEKS』の放送に先駆けて、原作である韓国版の結末をこっそり(?)ネタバレしちゃいます!

 

スポンサーリンク

TWO WEEKS【韓国ドラマ】登場人物の相関図

このドラマは登場人物が多くて、人間関係も複雑です…。

事前に顔と名前を覚えておくとドラマを100倍楽しめます (*^^*)

(※登場人物の詳しい相関図はこちら

 

TWO WEEKS【韓国ドラマ】役名 / キャスト / 役柄

分かりやすいように、韓国版日本版役名・キャスト・役柄を記載しています。

 

◆チャン・テサン(イ・ジュンギ)/ 結城 大地(三浦 春馬)◆
無実の罪を着せられ服役した過去を持つ天涯孤独なチンピラ。
8年前に恋人(イネ)を捨て刑務所に入ったが、実は8歳の娘(スジン)がいることが判明。
急性白血病に侵された娘に骨髄移植できる唯一のドナー。

 

◆パク・ジェギョン(キム・ソヨン)/ 月島 楓(芳根 京子)◆
テサンを追う女性検事。
過去に父親がムン・イルソクに刺された現場を目撃している。
父親の無念を晴らすために、独自の捜査を続けている。

 

◆ソ・イネ(パク・ハソン)/ 青柳 すみれ(比嘉 愛未)◆
テサンの元恋人。
8年前に捨てられたが、テサンの子供を産み育てていたシングルマザー。
現在はイム・スンウ刑事と婚約中。

 

◆ソ・スジン(イ・チェミ)/ 青柳 はな(稲垣 来泉)◆
テサンとイネの娘で、急性白血病で入院中。
骨髄移植の日を心待ちにしている、天真爛漫な女の子。

 

◆イム・スンウ(リュ・スヨン)/ 有馬 海忠(三浦 貴大)◆
イネの婚約者。
警察庁長官の父を持つエリートで、テサンを追っている熱血刑事。

 

◆ムン・イルソク(チョ・ミンギ)/ 柴崎 要(高嶋 政伸)◆
元暴力団の組長で、大規模事業を経営する悪徳事業家。
裏では国会議員チョ・ソヒと手を組み、巨額の富を得ている。
過去にテサンを自分の身代わりとして刑務所送りにした極悪人。

 

◆チョ・ソヒ(キム・ヘオク)/ 久我 早穂子(黒木 瞳)
国民から高い支持を集める国会議員で元弁護士。
裏ではムン・イルソクと手を組み、麻薬の密売を計画している。

 

スポンサーリンク

TWO WEEKS【韓国ドラマ】原作ネタバレ ~あらすじ前半~

このドラマ、めちゃくちゃ長いです…。

全16話あって登場人物も多く、過去と現在のストーリーが複雑に絡み合ってて、理解するのがまぁー大変!

全編ストーリーを端折りまくってまとめたいと思います !(^^)!

 

テサンの娘は白血病

主人公のチャン・テサンは質屋の店主を任されているが、目利きもヘタだし仕事もやる気ナシのろくでなし。

8年前にムン・イルソクの身代わりで刑務所に送り込まれ、出所してからはギャンブルまみれの堕落した生活を送っていました。

 

ある日、テサンが8年前に捨てた元恋人のイネが現れます。

娘のスジン急性白血病を患い、ドナーの検査を受けて欲しいと言うのです。

しかもスジンはテサンの実の娘だと聞かされて、おどろきを隠せないテサン。

8年前…子供は堕ろしたと思っていたが、イネはこっそり産んで1人で育てていたのです。

 

ドナーの検査を受けるため病院に来たテサンは、偶然にもスジンと出会ってしまいます。

「パパ!」

(※スジンはテサンの写真を持ってるので、一目で父親だと分かった)

とっても可愛い実の娘に会い、父親としての愛情が芽生えていくテサン…。

 

検査の結果、奇跡的にテサンの骨髄が適合し、ドナーになる約束をしました。

 

ー 手術は2週間後 -

 

ムン・イルソクとチョ・ソヒのドス黒い関係

暴力団出身のムンは、過去に自身の犯罪容疑をテサンに擦り付け、刑務所送りにした極悪人

現在は事業家として活動しているが、裏ではチョ・ソヒ議員と癒着関係にあり、麻薬の密売を計画しています。

表向きは福祉センター建設基金を集めるためのチャリティーオークションと見せかけて、実は美術品に麻薬を隠して密輸しようと企んでいるのです。

成功すれば4,000億円!

ムンとチョ議員で折半する約束になっています。

パク・ジェギョン検事が極秘で捜査してるのが、この極悪2人組。

 

ムンは自身が経営しているキャバクラで働くオ・ミスクを愛人としてかくまっていました。

しかしミスクが本当はテサンに好意を持っていて、しかも検察のスパイだったと知り、逆上してめった刺しに…。

そして、またもその罪をテサンに擦り付けようと企てるのでした。

 

ムンの手下にはめられてミスクの家を訪れたテサンは、何者かに襲われて気を失ってしまいます…。

テサンが目を覚ますと、そこは一面血の海で、息絶えたミスクが倒れていました!

しかも駆けつけた警察によって、テサンは容疑者として逮捕されてしまったのです。

( ↑ すべてはムンの計画通り)

 

パク・ジェギョン検事とオ・ミスクの関係

ミスクをスパイとしてムンに接近させたのはパク・ジェギョン検事

パク検事は学生時代に弁護士を目指し、チョ議員(元弁護士)にお世話になっていました。

8年前…パク検事の父親がムンに刺され、信頼していたチョ議員もグルだと知ります。

(※この事件でムンの身代わりとしてテサンが服役した)

事件現場を目撃していたパク検事は、父親の無念を晴らすために、独自の調査を続けています。

 

ミスクはかつて薬物中毒に侵されていたところ、パク検事に助けてもらい、恩返しのために捜査に協力したいと申し出ました。

ムンの店で働き、愛人になったのも潜伏捜査のためです。

ミスクはついに、ムンとチョ議員の密会現場 ”デジカメ” に録画することに成功!!!

急いでパク検事に連絡するも、彼女は海外出張中で連絡が取れず…。

結局、ムンにバレて刺されてしまったのです。

 

帰国したパク検事はミスクの事件を知り、ショックのあまり狂乱状態で車を暴走させて、大事故を引き起こしてしまいます。

 

自分のせいで妹同然のミスクを失い、しかも容疑者は父親の事件で被告となったチャン・テサン!

パク検事はこの事件を自分の手で解決するために、事件の指揮を執ることを申し出ます。

 

イム・スンウ刑事との微妙な三角関係

シングルマザーとしてスジンを育てているイネには婚約者がいます。

正義感あふれる熱血刑事のイム・スンウ。

スジンを実の娘のように可愛がっていて、スジンも彼になついています。

オ・ミスク事件の担当になりテサンを追うが、テサンがスジンの実の父親で、骨髄移植のドナーということは知りません。

 

イム刑事の父親は警察庁長官で、チョ議員とも親密な関係にあるので、ちょっと厄介…。

 

まさかの逮捕…娘のために逃げる!

ムンの陰謀で逮捕されてしまったテサンは、留置所でも刺客に命を狙われ、首を絞められてしまいます。

何かがおかしい…事件の黒幕はムンに違いない!

このままではスジンの手術も受けれらなくなってしまう…。

 

スジンは2週間後の手術に向けて前処置がはじまり、放射線治療と無菌室での生活がスタートしていました。

もしテサンの骨髄が移植できなければ、スジンの命はありません…。

 

テサンの始末に失敗したムンに代わって、今度はチョ議員が警視庁長官(イム刑事の父)に、テサンを ”真犯人” として送検するよう裏で手を回します。

 

チョ議員の思惑通りに送検されるテサン。

しかしテサンを乗せた車が、移送中に大事故に巻き込まれ、車は横転し、警察官たちも気を失ってしまいます。

(※これがパク検事が起こした大事故)

奇跡的に無事だったテサンは、バイクを盗み手錠をつけたまま逃走!!!

 

愛する娘の命を守るために…2週間にわたるテサンの脱走劇が始まる!

 

スポンサーリンク

 

デジカメの行方は!?

ミスクが例の密会現場を押さえた証拠のデジカメは、彼女が亡くなる直前にテサンの質屋に預けれらていました。

テサンが家に持ち帰ったデジカメは、同居人コ・マンソクが恋人(ヨンジャ)との旅行に持って行ってしまいます。

そして、写真の現像のために、ヨンジャがデジカメ預かることに…。

 

亡くなったミスクの下着の中から、デジカメを売ったときの質札を発見したパク検事。

ムンに奪われたと思っていたデジカメは、ミスクが質屋に預けていたことを知り、パク検事は質店を捜査するもデジカメは見つかりませんでした…。

結局、この捜査によって、ムンにもデジカメの存在がバレてしまい、双方がデジカメとテサンの行方を追うことになります。

 

絶体絶命の大脱走!

手錠をかけられたまま逃走したテサンは、行きついた田舎町で民家の工場に忍び込み、手錠を切断することに成功!

一方、テサンを逃してしまった警察と検察、そしてムンもテサンの行方を捜します。

 

山へと逃げ込んだテサンを探す警察とパク検事。

逃げ場もなく焦るテサンでしたが、謎の爆発が起こり警察たちは退散…。

どうにか捕まらずに済んだが、今度は謎の男(キム先生)に襲われてしまいます。

『オ・ミスクのデジカメをよこせ!』

(※キム先生はムンの手下で爆発も彼の仕業)

 

もちろん、テサンはデジカメを持っていませんが、同居人のマンソクが旅行に持って行ったことを思い出しました。

 

 

テサンの脱走事件をニュースで知り、ショックを受ける元恋人のイネ…。

そんなとき、逃走中のテサンから電話があり、イネは自首するように説得するが、自分は無実で警察に捕まれば手術も受けられないと聞かされます。

2人の関係は誰にも話さないように!

スジンを救うためには、婚約者のイム刑事にも知られてはなりません。

 

手術の日を心待ちにしているスジンは、つらい治療にも弱音を吐かず、無菌室での生活を続けています。

やがてムンの魔の手は、スジンにも及ぶことに…。

 

親友マンソクも被害に…

デジカメの件でマンソクと会う約束をし、自宅に戻ったテサン。

待ち伏せしていたイム刑事が、帰宅したテサンを捕まえる作戦でした。

しかし…テサンが部屋に入ると、そこには血を流し変わり果てた姿で倒れているマンソクが!!!

テサンは猛ダッシュで逃げ切るが、マンソク殺害の容疑も加わってしまいます…。

(※マンソクを刺したのはキム先生)

 

逃走を続けていたテサンは、イム刑事に見つかり、崖っぷちに追い詰められて大ピンチ!

イム刑事の手には拳銃が!

彼が引き金を引いた瞬間、何者かに妨害され、銃弾はテサンの左肩に!!!

(※妨害したのはキム先生)

撃たれたテサンは崖から転落し、海から川へと流されてしまいました。

 

因縁の相手ハン・チグクとの再会

下流まで流されたテサンを発見し助けたのが、ハン・チグクという男。

彼はムンと対立する派閥の元ボスで、ムンに組織を潰されてからは、山奥で薬草を栽培しながらひっそりと暮らしていました。

テサンが2回目に逮捕されるきっかけとなった相手でもあります。

 

ハンにとって、テサンは命の恩人。

ハンは銃弾でケガを負ったテサンの手当てしてくれましたが、ムンと関わることを恐れ、テサンを追い出そうとします。

しかし、テサンの娘が病気に侵されていることを知り、この先もテサンの逃走の手助けをしてくれる、心強い存在です。

 

ハンの計らいでテサンは川で溺死したように見せかけて、フィリピンに密航しようとします。

ところが、出航寸前のところでテサンは逮捕されてしまいました!

(※検察がテサンとイネの電話を盗聴し、密航の情報を得ていた)

 

逮捕したテサンを移送する途中で、またもキム先生に襲撃され、テサンはムンに拉致されてしまいます。

なぜテサンの密航がムンたちにもバレたのか!?

(※実は警察に裏切り者のスパイがいる)

 

ムンは血眼になってデジカメを探していました。

てっきりキム先生がマンソクから奪い取ったと思っていたデジカメは、まだ行方不明のままでした…。

 

テサンを追ってきたパク検事もムンの手下に囚われてしまいます。

ムンはパク検事を拳銃で撃つようにテサンに命じるが、巧みな心理戦の末、2人はどうにか脱出に成功しました。

 

この拉致騒動によってパク検事は、オ・ミスク事件の真犯人はムンであり、テサンの冤罪を知ることになります。

 

スポンサーリンク

 

次のページへ >

-TWO WEEKS, ドラマ

Copyright© ひみつのポッケは無限大∞ , 2019 All Rights Reserved.